収入が減ってきた!マンション経営の空室対策の方向性とは

収入が減ってきたときの空室対策

マンション経営を始めてみると多くの入居者を募ることができて大きな収入を得られることがしばしばあります。しかし、マンション経営を続けていくと徐々に収入が減ってきてしまって困ることは少なくありません。ローンの返済が気がかりになるのはよくあることでしょう。そのときに大切になるのが空室対策であり、魅力が失われてきてしまっている原因を調べてマンションに手を入れていくことが重要です。その二つの方向性を理解しておきましょう。

空室対策の基本はリフォーム

空室対策の基本となるのはリフォームです。もともとはある程度人気があったマンションであれば、基本的には立地条件には問題がないものの、設備の状況や築年数が家賃に見合わなくなっているのが原因となっています。周囲にマンションが増えたということが原因の場合もあり、設備と家賃のバランスを見直してみることが大切です。家賃を一度下げてしまうと上げるのは難しくなるため、その家賃水準に合った形でリフォームを行い、バランスが取れた状態に改善しましょう。

リノベーションによって魅力を高めるアプローチ

空室対策のアプローチとして、以前よりも魅力的な状態にしてより多くの入居者を募れるように投資するという方法もあります。リノベーションをしてリビングやキッチンなどの目立つ場所に付加価値をつけるのは効果的な空室対策です。世間でのトレンドを調べて人気の高い設備やデザインを導入すると、効果の高いリノベーションになるでしょう。投資額に見合った効果が得られるかどうかをよく吟味してから実施するのが賢明なアプローチです。

マンション経営の醍醐味は、やはり不労所得が得られる点です。会社員の週末副業にはまさにぴったりの職種です。