賃貸物件の契約更新料の意義は借り手にはない

契約更新料とはなにか

契約更新料は、地域によって取る場合と取らない場合があるようです。ほとんど慣例化したもので、家主側からすると、礼金の代わりという認識です。しかし、礼金というものも、最近はなくなりつつあります。わが国では住宅難の時代が長く続き、競争が激しい中、自分に貸してくれて感謝、という状態があったようですが、現在はその状況が逆転しています。人口減少によって空き家率が増えたにもかかわらず、持ち家、賃貸住宅とも新築され続けてもいます。

契約更新料を支払わなかったら

契約期間には実質的な効力はほとんどなく、契約更新料を支払わなくても、家賃を支払い続けている限りは、契約はそのまま自動延長となりますので、別に支障はありません。ただ、心理的にエネルギーがいるため、面倒を避けたいから支払っている人もいるでしょう。ほとんどの場合は、支払うのが当然という認識で支払っているようです。しかし、契約更新料を支払って、新しい契約期間を設けたとしても、その期間の居住の権利が保証されるわけではまったくありません。

契約期間内でも立ち退き要求が

契約更新料を支払って、契約を延長した直後に立ち退きを迫られることも普通にあります。契約期間には、特に意味はないからです。支払ったばかりの契約更新料が返ることもありません。家主はそれを礼金だと思っているからです。契約した入居者に、家賃を何ヶ月間か無料にするケースも増えている昨今、礼金というのは時代遅れとなって、だんだんなくなっていくかもしれません。礼金ゼロ物件というのも増えています。契約更新料をとらない物件も、増えつつあります。

札幌市中央区の賃貸マンションは、防犯セキュリティが充実しているので空き巣に入られる心配もありません。