賃貸で見かけるサブリースって何!?綺麗な物件が多い分だけ注意点がある

サブリース物件とはどんなものか

賃貸物件を探していると、不動産屋からサブリース物件でも良いかと聞かれることがあります。大家から不動産会社が一括借り上げを行っている物件を入居希望者に又貸しをする契約方法です。賃貸人が不動産会社、賃借人が入居者という構図のため、仲介者がいないことが通常となり仲介手数料無料というメリットがあります。大家との接点はあくまでも無いことが通常ですが、サブリースは建物のみの契約となるため駐車場を借りる場合には大家と直接契約を別途する必要があります。

綺麗と規約の厳しさはセット

不動産会社は大家に対して一定金額で空室の有無に関わらずリース料を支払うことになっています。空室率の高さは不動産会社にとってデメリットとなるので、常にリフォームを行い綺麗な状態を維持しています。利用規約も厳しめに記載されており、原状回復費用の規定が細かい傾向にあります。とりわけペット可物件では不動産会社側に極めて有利な契約となっていることが多いので、不明な場合には契約前に専門家へ確認してもらう必要があります。

不動産屋が儲かる仕組み

空室率が高くなると不動産会社が儲からない危険性があると考えがちですが、実際には不動産は損をしない仕組みがあります。20年や30年といった一括借り上げが行われても賃料減額請求が不動産会社から大家に対して更新ごとに行えるからです。賃料については市場動向によるという理由から引き下げ要求がなされ、次に入居する人から取る礼金は不動産会社の収入となります。リフォーム費用は大家負担ですが、礼金は不動産会社の収入となるわけです。

江別市の賃貸マンションは、地震に強い賃貸マンションになっていて防犯セキュリティも充実している賃貸マンションです。